日本語 English 繁體中文

かだる雪まつり

”参加する”を意味する秋田の方言『かだる』をキーワードに開催される『かだる雪まつり』。
会場となる旧秋の宮スキー場には約3,000個のミニかまくらを手作りし、夜にはミニかまくらの中に点灯されたローソクの明かりが幻想的な風景を作り出します。
開催期間中はイベントも盛りだくさんです。是非皆さんもかだってたんせ!!(是非皆さんも来てください。という意味)

会場

秋田県湯沢市秋ノ宮字殿上1-1(旧秋ノ宮スキー場特設会場)

アクセス

JR奥羽本線「横堀駅」からバス約30分
東北自動車道「古川IC」から国道47号・108号経由車約90分

かだる雪まつり かだる雪まつり かだる雪まつり かだる雪まつり かだる雪まつり かだる雪まつり かだる雪まつり かだる雪まつり

鷹の湯温泉

役内川に面した一軒宿。行基法師が発見、傷ついた鷹が湯に浸かって傷を治した事から、鷹の湯と呼ばれるようになりました。
創業明治18年元々は湯治が主でしたが、現在は旅館として通年営業しております。
部屋数は全部で20部屋、お風呂は、深さ130㎝の立ち湯がある大浴場と婦人浴場、混浴露天風呂、婦人用露天風呂、川の露天風呂、足湯があります。
紅葉の時季も綺麗ですが、雪がしんしんと降る冬も味わいのある雰囲気です。

リンク

アクセス

秋田県湯沢市秋の宮字殿上1

JR奥羽本線「横堀駅」からバス約30分
東北自動車道「古川IC」から国道47号・108号経由車約90分

鷹の湯温泉 鷹の湯温泉

木村酒造

創業以来400年、酒造り一筋に歩み続けてきた木村酒造。受け継いできた蔵へ、足を踏み入れてみませんか。
新しい時代に向けて、一人でも多くの方に知ってほしい歴史があります。その願いをこめて、伝承の蔵を開放しています。
400年の歴史の中で、絶やすことなく紡いできた手造りへのこだわりを、きっと感じとっていただけるはずです。
ぜひあなたも、蔵が語りかける歴史物語に、耳を傾けてみませんか。

リンク

アクセス

秋田県湯沢市田町2丁目1番11号

JR湯沢駅から徒歩で15分
湯沢横手道路「三関IC」から国道13号線北へ10分

木村酒造 木村酒造 木村酒造 木村酒造

ヤマモ味噌醤油醸造元

創業1867年。今日までの約1世紀半の間、醸造を続けている。
今も昔も秋田の味噌醤油を心から愛し、また一人でも多くの方にこの味を知って頂けるよう、製造を続けている。
ヤマモの先人が秋田の人々を健康にしてきたように、和の発酵調味料は世界の人々を圧倒的に健康にすると信じ、世界の旅を通じて実感したその信念を貫き、次世代へ和の食文化を紡ぐべく、これからも歩みを進めていく。

リンク

アクセス

秋田県湯沢市岩崎字岩崎124

JR下湯沢駅から徒歩約16分
十文字駅から徒歩約24分・車で10分

ヤマモ味噌醤油醸造元 ヤマモ味噌醤油醸造元

湯沢の醸造文化

湯沢・雄勝地域は、1年の約1/3の期間を雪に閉ざされる、東北でも有数の豪雪地帯。
奥羽山脈に代表される高山系の清涼な水と、肥沃な土壌から穫れる米は、麹、味噌、醤油の元となり、
日本酒へと続く全ての発酵食品の礎となっています。
現代ほど除雪のシステムが整っていなかった昔は、雪との共生が暮らしの知恵の全てであり、
その中で食の保存方法として漬ける=発酵させるという文化が生まれ、湯沢の食の基礎ができました。

三関のせり

三関地区のせり栽培は江戸時代から始まったとも言われ、山の麓から湧きでる豊富な水に恵まれたせりの栽培には最高に適した土地です。
葉が大きく、深みのある緑色で茎もしゃきしゃきした歯触り感が良く、せり独特の匂いもほどよくあり、全体的にサクサクした食感は「三関せり」ならではのものです。
また何といっても、真白で長く伸びた根が「三関せり」の特徴で、葉から根まで大変おいしく食べることができます。
本格的な収穫は10月頃から始まり厳寒期を通して3月頃までです。
今回の動画は「せりしゃぶ」で撮影しました。

三関のせり
page top